高収入以外のメリットとは?ガールズバーの魅力!

- お酒が飲めなくても大丈夫!ガールズバーの働きやすさ

お酒が飲めなくても大丈夫!ガールズバーの働きやすさ

お酒を作って出したりお客様の話し相手になったりと、一見キャバクラとなんら変わらないように思われるガールズバー。
しかし、実は働き方やポジションが根本的に異なり、女の子にとってキャバクラよりはるかに働きやすい仕事と言えます。
そのひとつとして、お酒を飲まなくてもいい、ということ。
アルコールに弱い女の子でもガールズバーで働けるんです。
そんなガールズバーの「働きやすさ」についてご紹介いたします!
■「お酒NG」でも大丈夫!ガールズバーのアルバイト
女の子のガールズバーでの仕事は主に「バーテンダー」。
お酒を作る必要はありますが、「接待」する仕事ではないため、無理にお酒を飲む必要はありません。
お酒が飲めないことをお店のスタッフやオーナーにきちんと伝えておくと、お客様からドリンクをいただいた際にソフトドリンクの案内をしてくれたり、ノンアルコールカクテルなどダミーの飲み物を出してくれたりなどの対応をしてくれます。
また、「バーテンダー」と言っても、普通のバーのようなスキルがなくても大丈夫です。
お客様はお酒を飲みに来ているのではなく、女の子との会話を楽しみに来ている方が多く、お酒のクオリティーを求めている人はあまりいません。
最近では、本格的なカクテルやお酒が楽しめるガールズバーもありますが、ほとんどのお店は簡単に作れるカクテルメニューを置いていますので、未経験でも安心して始められます。
■営業やノルマが無いのは女の子にとって大きなメリット
お客様へ定期的にメールをしたり同伴やアフターなどの営業活動や毎月のノルマがないのも働きやすさのひとつです。
お客様への営業は基本的に自由で、中には禁止しているお店もあります。飲食店ですので、女の子個人のノルマなどはなく、こういった重荷がないことでのびのびと接客できます。
接客やバーテンダーとしても比較的ハードルが低いのがガールズバーの魅力。
お酒が飲めないという人でも、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連する記事