高収入以外のメリットとは?ガールズバーの魅力!

- ガールズバーってどんな仕事?何をするの?

ガールズバーってどんな仕事?何をするの?

大阪を中心に流行し、今では地方の歓楽街には必ずあるといっていいほど店舗数をふやしているガールズバー。
女の子が接客してくれる飲食店で、「高時給で働きやすい」と女の子のアルバイト先として人気が出ています。
では、ガールズバーとは一体どんな仕事なのか?くわしくご紹介いたします!
■「ガールズバー」とは?
簡単に言えば、「カウンター越しでお客様にお酒を作ったり話し相手になってあげたりするお仕事」です。キャバクラと違って風俗店ではないため、過剰な接待などは一切しません。
働いているのは比較的若い年齢層が中心で、高校生を除いた18歳からアルバイトが可能です。普通の居酒屋やショットバーよりも時給が高く、お客様からドリンクを奢ってもらうとその分ドリンクバックとして給料に加算されます。
ノルマなどが無いためお客様への営業も基本的にありませんが、お店用の携帯を2台持ちしてメール営業をする女の子も中にはいます。
アフターのあるお店とないお店があり、お店終わりにアフターに付くと、ドリンクの時のようにバックが給料に加算されます。
■「スタッフが全員女の子」を売りとした「飲食店」であり、「風俗店」ではない
最近では、ガールズバーの需要と共に店舗数が増え、そのため悪質なガールズバー経営をしている店舗も出てきました。
中には、ぼったくり店や性的サービスを提供したお店が摘発されたケースも。こういった問題は、お客様だけではなく、ガールズバーで働く女の子たちにも大きく影響します。
ガールズバーは、性的サービスはもちろんのこと、お客様へのボディタッチやたばこに火をつけてあげるといったキャバクラの「接待」でさえもNGです。
これからガールズバーで働く上で、そういったことをお店側が強要した場合は悪質店とみて間違いないです。
優良店で働くに越したことはありませんが、中にはこういった店舗も少なからずありますので、ガールズバーについて正しく理解し知識をキチンと身につけて自分の身を守りましょう!

関連する記事